「福島県」の検索結果

コンテンツ一覧

【パジャマやメンズも】ふるさと納税で貰えるジェラートピケまとめ!

女性らしい雰囲気を引き立ててくれるルームウェアが充実したジェラートピケ。やわらかなパステルカラーや、ふわふわとした素材感が魅力です。ブランケットやフェイスタオルなど日常的に使いやすいアイテムも豊富。赤ちゃん用のパーカーや […]

続きを読む

【パジャマやメンズも】ふるさと納税で貰えるジェラートピケまとめ!

ふるさと納税で貰えるジョンマスターオーガニックと還元率まとめ!

健康志向が高まり現在では多くのオーガニック商品が開発、販売されています。そして、オーガニック品を愛用している人なら誰もが知っているジョンマスターオーガニック。今ふるさと納税でこのジョンマスターオーガニックの返礼品がもらえ […]

続きを読む

ふるさと納税で貰えるジョンマスターオーガニックと還元率まとめ!

【2023年】ふるさと納税でプラスマイナスゼロの家電はまだ貰える⁉

今回は、ふるさと納税で貰えるプラスマイナスゼロについて還元率を交えて紹介していきます。 プラスマイナスゼロは、シンプルで無駄をそぎ落としたデザインで、人気のブランド。インテリア、家電、生活雑貨などがあります。ふるさと納税 […]

続きを読む

【2023年】ふるさと納税でプラスマイナスゼロの家電はまだ貰える⁉

厳選!2023年ふるさと納税高還元率家電のおすすめ返礼品

「ふるさと納税では、どんな家電がもらえるの?」 「高還元率の電化製品は、どんなものがあるのかしら?」 「ふるさと納税でもらえる家電のブランドが知りたい」 この記事では、そんな疑問にお答えします。寄付金額別の家電の還元率ラ […]

続きを読む

厳選!2023年ふるさと納税高還元率家電のおすすめ返礼品

【2024年1月】ふるさと納税「カメラ」の還元率ランキング。キヤノン・ソニー

ふるさと納税でもらえるカメラやレンズの返礼品とその還元率を紹介します。 「子どもの運動会に向けていいカメラが欲しい」 「部活の試合を撮影できる望遠カメラが欲しい」 「でもデジタル一眼は高くて手が届かない」 そんな時は、ふ […]

続きを読む

【2023年10月】ふるさと納税「カメラ」の還元率ランキング。キヤノン・リコー・ニコン

ふるさと納税でもらえるブランド返礼品まとめ!【アパレル、キッチン】

ふるさと納税でブランドの返礼品を提供する大分県玖珠町のふるさと納税に関する詳細をご紹介。その他のふるさと納税でブランド品やアパレルを提供するおすすめの自治体も合わせてご紹介します。

続きを読む

ふるさと納税でもらえるブランド返礼品まとめ!【アパレル、キッチン】

【2023年最新】ふるさと納税ヘッドホン・スピーカー返礼品

ふるさと納税では、ヘッドホンやスピーカーも返礼品として提供されています。 普段使い、プロ仕様、ワイヤレス、Bluetooth接続対応など、さまざまな用途のヘッドホンやスピーカーの返礼品が提供されています。録音のプロ向けの […]

続きを読む

【2023年最新】ふるさと納税ヘッドホン・スピーカー返礼品!

【2024年最新】ふるさと納税 商品券&金券の還元率ランキング!

ふるさと納税でもらえる今一番お得な金券・商品券をご紹介します! 2023年に入り、商品券の返礼品はなくなってしまった・・・?と思いきや、現在も50%を超えるような高還元率でお得な金券や宿泊券が提供されています。 また各ふ […]

続きを読む

【2023年最新】ふるさと納税 商品券&金券の還元率ランキング!

そもそもふるさと納税とは?

ふるさと納税は自分の故郷・出身地だけでなく、応援したい全国の自治体に寄付を行うことができる制度です。

自治体に寄付を行うと、お礼の品(返礼品)として各自治体の特産品などを受け取ることができます。返礼品の種類は実にさまざまで、食品をはじめ電化製品・宿泊券など、あらゆるジャンルのものが用意されています。詳細は「ふるさと納税とは、自治体への寄附のこと」をご確認ください。

ふるさと納税は何がお得なの?

ふるさと納税には、税制面でのメリットもあります。寄付を行った金額から自己負担分として2,000円を引いた金額が、寄付控除の対象となります。つまり、そのぶん住民税・所得税から減額されるということ。返礼品を受け取って、さらに節税効果にも期待できるふるさと納税。活用しない手はありません。

ただし、ふるさと納税の寄付控除には、年収や家族構成に応じた上限額が設けられています。上限額を超えた部分は控除の対象とならないので、ご自身の上限額を確認した上で利用するようにしましょう。上限額は、各ふるさと納税サイトで確認をすることができます。詳細は「寄附したお金は住民税の控除で還ってくる仕組み」をご確認ください。

ワンストップ特例手続きを忘れずに

ふるさと納税を行うと、本来であれば確定申告をする必要があります。ただし、「ワンストップ特例」の手続きをしておけば手間のかかる確定申告は不要なので、寄付時にぜひ手続きをしましょう。

ワンストップ特例とは、確定申告をしない方がふるさと納税を行なった場合(5つの自治体まで)、確定申告が不要になる仕組みです。詳細は「ワンストップ特例制度を使えば手続きはもっと簡単に」をご確認ください。

自分の控除上限額を調べよう!

あなた(寄付者様)の給与収入必須

あなたの家族構成必須

シミュレーション結果

までのふるさと納税が控除の目安となります。

  • 本フォームは総務省ポータルサイトの早見表に基づき設計しております。総務省ポータルサイトの早見表はこちら
  • シミュレーション結果はあくまで寄付上限額の目安となります。 より正確な金額を知りたい場合はお住まいの自治体もしくは税理士等にご相談ください。
  • シミュレーション結果に関する、何らかのトラブルや損失、損害等が発生した場合にも、一切の保証をいたしかねます。

おすすめコンテンツ