【2023年最新】ふるさと納税でAmazonギフト券がもらえる。最新キャンペーン情報
イメージ画像

【2024年最新】ふるさと納税でAmazonギフト券がもらえる。最新キャンペーン情報

本ページはプロモーションが含まれています。

2024年5月現在、ふるさとプレミアムをはじめとした、いくつかのふるさと納税サイトでふるさと納税をするとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンが展開されています。

本記事では、還元率やエントリー方法、注意点をサイトごとにまとめています。

Amazonギフト券とは?

Amazonギフト券とは、大手ネット通販サイトであるAmazon(アマゾン)で使うことのできるギフトカードです。「アマギフ」などとも呼ばれており、お金の代わりにギフト券のポイント分(金額分)だけ支払いに使うことができます。

2020年6月からはAmazonギフト券がAmazon Payの支払いでも利用可能になりました。ネット決済でAmazon Payをよく使うという人は必見ですよ。

Amazonギフト券にはカード型のものありますが、ふるさと納税サイトのキャンペーンでもらえるのはデジタルコードタイプのギフト券です。金額分の割引コードを取得し、Amazonのアカウントに登録することで支払いに利用できます。

【2024年5月最新】Amazonギフト券がもらえるキャンペーンまとめ

主要ふるさと納税サイトの中でAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しているのは、以下のサイトです。サイトごとに還元率が違ったりエントリー方法やキャンペーン適用条件も違ったりするため、寄付申込み前に必ずご確認ください。


ふるさとプレミアム(寄付額の最大15%)
ふるなび(寄付額の最大30%)
マイナビふるさと納税(寄付額の9%)
ふるラボ(寄付額の10%)


【ふるさとプレミアム】Amazonギフト券が寄付額の最大15%プレゼントキャンペーン

【ふるさとプレミアム】Amazonギフト券が寄付額の最大15%プレゼントキャンペーン

「ふるさとプレミアム」は株式会社ユニメディアが運営しているふるさと納税サイトです。わりとAmazonギフト券キャンペーンを行っていることが多いので「定期的にチェックしている」という方も多いのではないでしょうか?今月はAmazonギフト券最大15%還元キャンペーンを実施中です。

  • ・キャンペーン期間:2024年5月15日まで
  • ・Amazonギフト券還元率:最大15%
  • ・条件:会員登録後にキャンペーンコードでエントリー
  • ・コードのもらい方:翌々月以降マイページに発行(メールでもお知らせがきます)

詳細を見る

【ふるなび】ふるなびコイン寄付額の最大30%プレゼント

ふるなび

「ふるなび」はアイモバイルが運営するふるさと納税サイトです。ふるなびではAmazonギフト券などに交換できる「ふるなびコイン」が平常時でも最大2%もらえます。

・ふるなびコイン還元率:最大30%
・条件:会員登録したのち、エントリー後、ログインしてAmazon Pay、PayPay、楽天ペイ、d払いで寄付

詳細を見る

【マイナビふるさと納税】全員対象!付与上限なし!Amazonギフト券9%還元

マイナビふるさと納税

マイナビふるさと納税は2022年11月にオープンしたふるさと納税サイトです。2024年6月16日まで、Amazonギフト券9%プレゼントキャンペーンを開催中(キャンペーン期間中にサイトにログインして寄付するだけでOK)。

  • ・キャンペーン期間:2024年6月16日(日)まで
  • ・Amazonギフト券還元率:9%
  • ・条件:
  • 【1】キャンペーン期間中に ログインして寄付
  • ・コードのもらい方:寄付月の翌々月の25日前後にマイページへ反映

詳細を見る

※新規会員限定のAmazonギフトカードがもらえる「WELCOMEキャンペーン2024GW」実施中(最大20%、付与上限あり)

【ふるラボ】Amazonギフト券10%還元

ふるラボ

出典:ふるラボ

関西のテレビ局、朝日放送テレビ株式会社が運営するふるラボ。

2022年からサービスを開始した新しいサイトで掲載数は多くはありませんが、Amazonギフト券10%還元キャンペーンを開催中。見やすく親しみやすいサイトデザインで、使い勝手もよくおすすめです。

・キャンペーン期間:2024年5月13日(月)まで
・Amazonギフト券還元率:一律10%
・条件:会員登録&メルマガ登録の上、キャンペーンコードを入力してキャンペーン対象自治体に寄付

詳細を見る

【人気の理由】Amazonギフト券のメリットとは?

Amazonギフト券がもらえるメリットは主に3点あります。ここではその3つについて解説していきます。

【1】全国どこにいても使える

ネット上でのお買い物に使えるのがAmazonギフト券最大のメリットと言えます。商品券や食事券、旅行券もお得感はありますが、使用用途や店舗が限られているのがネック。その点、Amazonギフト券は使用用途が決まっていない人や、近くに店舗がない人にとっては一番使い勝手のよいギフト券と言えます。

【2】Amazonギフト券は有効期間が長い

Amazonギフト券の現在の有効期限は10年です。「いろいろな場所で使えるので、とりあえずもらえる時にもらっておけば失敗しない」ということで人気になっているようです。

【3】Amazonの商品ならなんでも使える

Amazonといえば「ないものはない」と言われるほど品揃えが豊富です。Amazonギフト券はAmazonでの買い物ならなんにでも使えます。選択肢が非常に多いという意味では、「限りなく現金に近い」と言えるかもしれません。

Amazonギフト券が届かない!いつごろ届く?

Amazonギフト券が届かない

イメージ画像

Amazonギフト券でよく聞くのが「寄付をして、返礼品も届いたのに、Amazonギフト券コードだけが届かない」という声です。なかなか届かないと「本当にもらえるのか…」と不安になってしまいますよね。各ふるさと納税サイトでAmazonギフト券が送られるスケジュール感は以下の通りです。


・ふるなび: 寄付申込み月の翌々月下旬
・ふるさとプレミアム:寄付申込み月の翌々月中


上記は各キャンペーンページに記載されているのですが、正直、分かりやすく記載されているサイトは少ない印象です。もし寄付申込みから3カ月以上経過しても連絡がない場合は、各サイトに問い合わせてみるとよいでしょう。
また注意したいのは、Amazonギフト券をもらうまでは会員登録は解除しないこと。解約した時点で権利がなくなってしまう場合もあるので気をつけましょう。

Amazonギフト券より楽天ポイント派の方は?

2023年12月1日に楽天のSPU(スーパーポイントアッププログラム)が改正されました。これにより、「楽天ふるさと納税」でポイント廃止されたと思う方もいるようです。

しかし、結論から言いますと、楽天ふるさと納税のポイント制度は廃止されていません。
ただし、以下の点が変更され、多くの楽天ポイントファンから「改悪」されたと言われています。

ここが改悪① 貰える特典ポイントが少なくなった

楽天カードでもらえる特典分のポイントが上限5,000ポイントから1,000ポイントに下がりました。

例えば楽天カードで、20万円のふるさと納税をした場合、これまでは通常ポイントとは別に特典分として2,000ポイントがもらえていました。しかし、現在は上限が1,000ポイントまでになったため、1000ポイントしかもらえません。

ここが改悪② 楽天プレミアムカードのメリットがなくなった

これまでは楽天プレミアムカードを使ってふるさと納税をすると2倍のポイントがもらえていました。

例えば、これまで20万円ぶんのふるさと納税を楽天プレミアムカードですると、通常のポイントで2000ポイント、特典ポイントで4000ポイントの合計6000ポイントがもらえていました。
現在このメリットはなくなってしまい、楽天プレミアムカードを使っても通常ポイントの2000ポイントしかもらえません。

楽天ポイントを効率的に貯めたいという方にとっては少し残念な変更ではありますが、今後も編集部では動向を追っていこうと思います。

2024年人気のふるさと納税高還元率ランキングTOP10

主要7ポータルサイトである「ふるさとチョイス」「さとふる」「ふるなび」「楽天ふるさと納税」「ふるさとプレミアム」「ふるさと本舗」「ANAふるさと納税」の総掲載返礼品数は3,010,823(2024年5月現在)、その膨大な数の返礼品の中からふるさと納税ナビ編集部が毎日調べています。

ふるさと納税でもらえるAmazonギフト券キャンペーン特集まとめ

2022年以降、各ふるさと納税サイトはし烈なキャンペーン合戦を繰り広げています。つまり、いつ新しいお得なキャンペーンが始まるかも分かりませんし、いつ突如としてキャンペーンが終了してしまうかも分かりません。
本ページでは新たな情報が追加されましたら、随時、情報を更新していきますので、定期的にチェックしていただくことをおすすめします。